マイルーラの個人輸入について詳しく解説します

マイルーラは女性が使う避妊薬

マイルーラの個人輸入について

マイルーラは日本でも販売していましたが今現在、製造中止となり日本では手に入れることができない商品です。海外ではまだ製造がされており販売しているので個人輸入でしたら購入することが可能な商品です。

個人輸入をしたことのない方には「個人輸入とは?」と分からないことだらけだと思います。個人輸入がどういう仕組みなのか安全・安心なのか不安だと思います。

購入したいけど個人輸入がどのようなものかわからない人のために個人輸入について解説いたします。

マイルーラは通販で購入可能

先程もお伝えしていますが、マイルーラは日本でも販売していましたが今現在、製造中止となりドラックストアや病院などでも日本では手に入れることができない商品になっております。

ですが海外ではまだ製造されており、販売もしているので個人輸入でしたら購入することが可能な避妊薬になります。日本では販売中止になって以降も、女性ができる避妊薬として人気があります。

その為、個人輸入してでも手に入れたいと思っている人が多いのも事実です。そのような人が個人輸入を利用して海外の商品(薬)を購入しているのです。

個人輸入したことの無い人にはとても難しく感じるかもしれません。ですが今現在、個人輸入は【個人輸入代行サイト】の存在があるので簡単に商品を手に入れることが可能となっています。

個人輸入代行サイトとは

それでは肝心の【個人輸入サイト】とは何なのでしょうか。個人輸入するとなると本来であれば、自分で販売元に商品の注文を依頼し支払いをして配送してもらうことになります。

実際、個人で輸入するとなると言葉の壁であったり税関関係の処理方法・手続きなどいろいろな知識が必要となってきます。考えただけでもめんどくさいですよね。そこで登場するのが【個人輸入代行サイト】の存在です。

【個人輸入代行サイト】を利用すると、本来自分でしなくてはいけない面倒な手続きや交渉をこの【個人輸入代行サイト】が受け持ってくれます。日本の通販会社と同じと考えると分かりやすいかと思います。

このサイトを利用することで日本の通販と変わりなく、お客様は注文して支払いを済ませれば登録した住所に配送してくれるというわけです。ただ、注意して頂きたいのは、海外からの発送となるため、商品の到着までに約2週間前後時間が掛かるということを頭に入れておかなくてはいけません。日本の通販のように頼んで3・4日で届くことはほとんどありません。注文をする際には使用する日を考えて余裕をもって注文してください。

他の避妊具も通販で購入可能

個人輸入のいいところは医師の処方箋が無くても欲しい薬が手に入ることです。それに病院で処方されている薬より安いことが多いので魅力的なのではないでしょうか。個人輸入サイトをみると分かりますが、

【マイルーラ】はもちろん【ピル】や【トリキュラー】などの避妊薬や緊急避妊用ピルなどの販売もされています。病院で処方してもらうのは面倒、恥ずかしいなど人それぞれだと思います。

自分にあった避妊薬をネットで購入できるのはとてもありがたいですし便利ですね。

まとめ

これまで女性が主導を握ることのできる避妊薬はあまりなく、珍しいものだと思います。ですが性交渉して妊娠してしまうのは女性です。自分の身は自分で守らなくてはいけないのです。

パートナーがきちんと避妊をしてくれているのであれば問題ないのですが、それでも万が一失敗したら・・・。そう考えると気持ち的にあまり良くないですよね。病院で処方できる避妊薬は【ピル】が一般的です。

【ピル】は毎日飲むことが必須になっているので、飲み忘れてしまえば意味が無いのです。その点【マイルーラ】はいざという時に雰囲気を壊すことなく使用することができます。

ただ、日本国内では販売していないので個人輸入を上手に利用してみてはいかがでしょうか。